ぐっすり眠るということ

不眠とはぐっすり眠ることができないことを言います。不眠はその人が感じることでもあり、いろいろなタイプの不眠とその原因もさまざまです。ぐっすり眠ること全般について考えてみましょう。

 

ぐっすり眠るとは

 

ぐっすり眠るとは、就寝時間がきて布団に入ったらスムーズに眠ることができ、朝すっきりした気分で起きることを言います。眠りに入るときにスムーズに眠れないと、よく眠れなかったような気分になりますが、起きたときにすっきり起きることができれば、意外と十分ぐっすり眠ることができていたということもあるようです。
つまりぐっすり眠るということは、質の良い睡眠が取れたかということなので、単純にたくさんの時間眠れたから質が良いとも言えません。やはり殆どは朝の目覚めの状態で、睡眠の質が分かるのではないでしょうか。

ぐっすり眠れない原因とは

ぐっすり眠れない原因は、副交感神経と交感神経の活性化がスムーズに交換されないことが殆どです。そしてその要因にはストレスや運動不足、カフェインやアルコールの摂取。また体内時計の乱れ、自律神経失調症、鬱病、冷え性などでも不眠の原因となります。

 

他にも最近とても多い要因がブルーライトによる体内時計の乱れです。他にも寝室の環境や寝具の問題などさまざま。またアトピーなどの強い痒み、腰痛のような痛みによる不眠、頻尿や加齢なども不妊の要因となります。

 

眠れない症状

眠りのトラブルではなかなか寝付けない入眠困難や、一度寝付いても何回も途中で起きてしまう中途覚醒、そして予定の起床時間の数時間前に目が覚めてしまい、二度寝もできずにすっきりした気分になれない早朝覚醒などがあります。
また熟睡障害の場合は、眠りが浅く睡眠をとっていた時間が長くても朝すっきりできず、熟睡した感じが得られません。大きくわけてこれら4つの不眠のタイプがあります。自分がどのタイプか知ることで、改善方法を考えることもできるのではないでしょうか。

 

ぐっすり眠れない人の対処法

ぐっすり眠れない人の対処法も原因によっていろいろです。例えばストレスが多い場合は環境を変えたり、ストレス解消方法を見つけることなどで改善することもあります。また鬱病による睡眠障害なら、鬱病を改善することが先決です。グリナなどの睡眠サプリなども、質の良い睡眠のお手伝いとしておすすめです。睡眠薬などは医師の処方で出してもらえますが、やはり副作用や常習性などが気になります。